カズーを録音する際なんですけど、声の成分が強い時があります。声を出しているから当然、声の成分は混じるのだが、あまりに声の方が大きい場合がある。大体はカズーの初期不良や構造の問題なのだが、他にも原因はあります。例えば声は大きいが倍音があまり無く中のビニール面の振動が少ない場合だ。解決策は鼻腔で声を響かせる鼻腔共鳴をさせることである。鼻腔共鳴などと難しそうな言葉ではあるがこれはハミング、つまり鼻歌のことです。カズーを響かせようとすると最初は大きな声を出そうとするがそれは間違いです。そもそもカズーは大きな音は出ないのですよ。バンド演奏など他の楽器がいる際は必ずマイクを使わないと聴こえません。これは歌にも言えることですね。つまり大きな音は出ないので口ずさむように吹くのが一番良いと言うことです。大きな声で吹こうとすると音階は合わないわ、声帯に負荷がかかるわ悲惨な目に遭うこと間違いなしですのでマイクを通す前提で練習しましょう。あと吹く際にカズーと唇の間に若干隙間ができます。なら口を窄めれば良いと思いますよね?でもこれもオススメしません。顔の筋肉に力が入っていると高い音が出にくいです。カズーを吹く際は常にリラックスしましょう。隙間は指で埋めれば問題ありません。

これで大体うまく録音出来ると思います。

ご拝読ありがとうございました。